借金の支払に関してしばしば設定されていたりするのがリボ払という形式です。今では一括引き落しを設定せずにリボ払のみといった企業もあります。それは一括返済の金利ではローン会社の収益が芳しくないので、リボ払いにしておいて利益率を底上げするのが狙いだからなのです。そして利用者の立場でもリボ払支払のが把握しやすく、きちんと支払できるので便利に思うという方もいるのです。しかし、こうしたことが裏目に出て借り過ぎてしまったというようなことになってしまうことがあります。というのも1回目にキャッシングするに至ったときは、どんな人も緊張するはずだと思います。それはキャッシングといったものは借金することになりますから他人から金銭を借りるといったことは感覚的に嫌がられます。しかし、1回利用してしまえば、手軽さから判断を緩めてしまうことから、上限に至るまで金銭を出してしまうといった人が多いのです。加えて数ヶ月間返済が完了して、数万円の枠が空いたという場合にまた借入してしまう。こうしたことがキャッシングの悪循環となるのです。リボ払いはその性質上小刻みにしか元本が減っていかない性質なのです。なので、前述のような行為をすると未来永劫延々と引き落ししなければならないことになってしまいます。そうならないために、ちゃんと必要な範囲でしか使用しない強い意思と、プランニングが必要なのです。こういう事態に陥った場合に心配になってくるのが仮に借入しすぎてしまったらカードはどうなるのだろうということですが作成したカード類の上限枠というものは、その利用者に設定された上限額ですので万が一上限一杯まで使用したとしても、支払いがちゃんとされているのでしたら口座が使用不可になることはないです。何か特典等が付いていく種類のものであれば使った分ポイント等は貯まっていくようになっています。ローン会社にしてみると良い利用者ということになるのです。ところが、返済がしばしば遅れる場合印象が悪化します。ひどい場合サービス停止措置などの措置がなされる場合もあるのです。カードが使用できなくても、もちろん最後まで返済を続ける義務があることに変わりはありません。